dgames’s blog

ゲーム好きな人によるゲームのブログ

二ノ国2 レヴァナントキングダム 感想

2018年3月23日に発売した二ノ国の続編、二ノ国2レヴァナントキングダムのレビューです。

数々のヒット作を送り出しているレベル5の作品。

度重なる延期の末やっと3月に発売しましたが、私はコンプリートエディションを購入しました。

PS4Pro対応、アニメ調のゲームタイトルには珍しくHDRに対応しています。

 

評価

8.5/10点

 

良い点

ジブリ調のグラフィック

二ノ国2の一番の特徴はやはりスタジオジブリを彷彿とさせるグラフィック。このアートデザインは素晴らしいと思いました。ジブリの世界を自分で動かしているのが新鮮で、毎回新しい街に行くのが楽しみになりました。場所ごとの雰囲気もかなり違っていて次はどんな所に行くのかな?という楽しみに繋がっていた。

 

アクション

前作のコマンドRPGから今作はアクションRPGに変化している。このアクションの手触りが素晴らしくこの変更は正解だったと思います。

コマンドRPGを続編でアクションRPGにすると失敗する作品が多々ある中でしっかりとアクションしていて、スキルを使うと無双のような爽快感があるためMPを貯めてスキルという一連の流れが上手く出来ている。

通常攻撃を剣で敵を切っている感覚があるためバトルするのが楽しいとずっと思いながらプレイすることが出来た。

回復アイテムの一回のバトルでの使用に制限があるためバランスがかなり上手く取られていると感じた。

 

キングダムモード

主人公のエバンが自分の国を作っていくキングダムモードというモードがあるのだがこれの完成度が高い。お金を集めて色々な施設を作り、そこに適正な人を配置しガンガン国を大きくしていくモードなのだがあれこれどんどん国を広げていきたくなるシステムだった。サブクエストなどで人材を集めてその人を配置するため必然的にサブクエをやるのでキングダムモードを進めるとサブクエなども進めるため横の上手い繋がりを感じた。

サブクエクリアやスカウトを自分で行うので新しい人材を確保、育成する楽しみもある。

 

音楽

久石譲さんの音楽は素晴らしい。一部ドラクエか?と思う曲もあったが。

 

マイナス点

ストーリー

日野社長自らストーリーを書いているのだがストーリーがダイジェストのように淡々と進む。

国を追い出されたエバンが一ノ国から来たロウランと共に新しい国を作り、他国と同盟を結び二ノ国を一つにするというのが大枠のストーリーなのだが、一ノ国で大統領であるロウランは戦争で自分の国が破壊されたところで転送され二ノ国にやってくる。しかし、すぐに出会うエバンと行動するのだがロウランが一ノ国について葛藤する場面はないし、協力しつつ一ノ国に帰る方法を模索するということをしないため、大統領だったのに全く気にしてないの?って疑問に思った。

水をモチーフにした国でセシリウスと女王と出会い問題解決に協力するのだが問題が解決したら女王とセシリウスが結婚云々の話がありそれまで暇だから一緒に行ってあげなとなりセシリウスが仲間になるのだが、?が頭に浮かんだ。

かなりご都合主義で進むので幼稚に思うしツッコミたくなる。

エバンとロウランはかなり強い絆で結ばれてるのが分かるが他のメンバーとの交流はメインストーリーのみなのでパーティメンバーの掘り下げがなかったのが残念。

 

進軍バトル

エバンが自らの軍を進軍させる進軍バトルというミニゲームがあるが面白くない。

剣、槍、弓、ハンマーなどハンマーには剣という形で弱点を上手くついて軍を進軍させていく。

メインストーリーで強制させられるため必然的にどこかで軍のレベルを上げなければならない。

進軍バトルでしか軍のレベルは上がらないので面倒だがやらなきゃいけないようにするのはマイナス。

 

シナリオのボイスなど

ムービーシーンにすればいいじゃん!って感じる棒立ち会話シーンが多すぎる。

ボイスが入るシーンも限られているため壮大な世界観なのにストーリーがしょぼく感じる。

実際しょぼいと思った。

 

サブクエ

つまらない。あれやれこれやれのオンパレード。一国の王に対してこいつらなんなんと感じる場面も多かった。人を集めるただの作業。

 

UI関連

使いづらい部分がある。

 

 

総評

かなりの時間とお金、人を使ったと思うが壮大な世界観に比べてストーリーがしょぼく感じた。全体的にクオリティは高い分詰めの甘さを感じ作品でした。

コンプリートエディションにシーズンパスがついていたが配信時期が2018年冬と2019年初頭でかなりピークを過ぎてからの配信なのが残念。

アクションRPGとして高い水準のゲームなのでRPG好きならオススメです。