dgames’s blog

ゲーム好きな人によるゲームのブログ

XBOX ONE X購入!

なんと!xbox one xが海外と同日の11/7に決定しました。

情報が出たのが16時くらいなんですけど予約開始が速攻だったのでびっくりしました。

49980円(税抜)って見たときめちゃくちゃびっくりでしたよほんとに。

PS4PROは日本だけ高かったので今回もそうなると思ってましたので驚きです。

今持ってるxbox oneを売るつもりなのでもう少し安く済むと思います。 

ヨドバシのネットで注文しようと思ったら、スコルピオエディションが終了していたのでヨドバシの実店舗でプロジェクトスコルピオエディションを予約しました。

xboxマイクロソフトのファーストパーティが弱いのでそこの強化をしてくれればもう少し面白くなるかなって思います。

UHDブルーレイも観れるのでこの価格は安いと思います。

とりあえずギアーズ4、FF15やクォンタムブレイク辺りをやり直したいですね〜

11/7に期待です!

アンチャーテッド 古代神の秘宝

9/14発売のアンチャーテッド最新作

元々アンチャーテッド4のDLCとして開発される予定だったが開発中に規模が膨らみスタンドアローンタイトルとして変更。単体発売もされた

私はアンチャーテッド4のシーズンパスにより無料でゲット

4K HDRでプレイ

プレイ時間は6時間ほど

感想としてはいつものアンチャ


評価

8/10点


良い点

・キャラクター

アンチャーテッド2&3に出て来たクロエとアンチャーテッド4の敵で出てきたナディーンのコンビ

最初は信用してない関係だが色々あり信頼関係を築いていく形。

おっ!というキャラも途中から出てきたりと面白い形になっていた。

ネイトがいないとアンチャっぽくないかなと心配していたが、そこまで違和感なく進められた。

・グラフィック

やはり綺麗過ぎるグラフィック。このゲームにおいて重要な要素であると思うしトップ技術だと思う。

グラフィックだけが取り柄の会社かと言われればそうではなくて。今回の序盤はシームレスフィールドなので車でどこから進むか決められる。単なる一本道だけではないのがよかった。

・ストーリー

クロエの出身地のインドでの話。クロエの父の話など新しい情報が色々あった。パズルも極端に難しいものではなく丁度いい難易度だったのでストレスにならずよかった。

・ステルス

ステルスゲーム以外のステルス要素って大体なぜ入れたんだよって言いたくなるレベルの物が多い中でわりとよく出来ていたと思う。


マイナス点

・崖を登る時間の長さ

そのまま。長い。この手のゲームはクライミングが多く前作も同じように感じた。

・ストーリーが短い

人によってはマイナス点かもしれない。私は少し短いかなって感じだったけどあくまでシーズンパスで無料だから文句はないかな。

ただ単体発売で5000円近く払ってる人なら短く感じると思う。


総評

アンチャ4のディレクターじゃないため少し不安があったもののきっちりとアンチャーテッドに仕上がっている。アドベンチャーゲームが好きな人にはオススメの作品。



イース8 Review

今年発売したイース8のレビュー

プレイ時間は30時間ほどで真エンド到達

評価

8.5/10点


良い点

・ストーリー

主人公が無人島に漂流して脱出するストーリー。無人島で仲間になるキャラも濃く、過去と現在の見せ方もうまかった。

・キャラクター

プレイアブルキャラの6人も漂流村の人たちも濃いメンバーが多かった。個別にもクエストがあり他人の過去を知ることができる部分もよく出来ていた

・快適性

どこにいてもファストトラベルできるしファストトラベルの地点も多いため移動が苦ではなかった。移動スピードも速いので広いマップを移動するゲームだがダレることはない

・戦闘

爽快感のある戦闘。スキルをどんどん使えて気持ちよく出来ていた

ダーナ

ダーナ編ではダンジョンで戦闘、町でクエストなのだがそこまでボリュームがないもののダーナのスタイルチェンジなど工夫してある部分が多くよかった

・ロード時間

PS4PROだとかなり速い。素晴らしい


マイナス点

・グラフィック

元々がPSVITAのゲームなので仕方ないがそれにしてもキツイ部分がある。カットシーンのモーションなどいつの時代のモーションだよと思った。

また、アニメシーンが簡素過ぎてあれなら入れるべきではない。

グラフィックに関してはもっと頑張ってほしいと感じた。

・ジャンプ

エリアチェンジが頻繁に起こるのでジャンプで登ってエリアチェンジみたいなのは出来ない。これが不便で近道しようと思っても道順通りに進んだほうが速いなど残念に感じた部分が多かった。

ダーナ編が薄い

もう少し色々やれてもよかった気がする

・戦闘

一部戦闘で倒されてから起き上がるまでかなり長い時間がかかる部分や、ロール回避で同じ攻撃でも避けれる時と避けれない時がありどこの差なのか不明だった


総評

ずっと気になっていて買ってよかったと思います。密度が濃いゲームで面白かった。


最近のコト

お久しぶりです。
八月の後半に買ったRECOREの完全版ですが進行不能バグで進めなくなりました
発売して一年以上経つのにまだバグ放置とはあり得ないです。
完全にやる気を失い欲しい新作がなかった期間なのでずっと気になっていたイース8を買いました。
30時間ほどで真エンドまでたどり着いたのでそのうちレビューを載せます。
さて9月ですがぼちぼちゲームラッシュがやってきますね
今年も多くの大作が発売されるので楽しみです!
とりあえず9月の購入予定は9/14にアンチャーテッドの新作が出ましたね。
私はシーズンパスで無料でゲットしたので来週までには終わらせたいです
9/21に龍が如く極がの廉価版が出るのでそっちも買いたいです。
龍が如くは前は全く興味がなかったんですが龍が如く0をプレイしてハマりいいタイミングで極の廉価版なのでプレイします。
9/28の英雄伝説はまだ迷ってます。余裕があれば買おうかなと
9/29にXBOX ONEのCUPHEADが出ます。これが大本命と言っていいほど期待してます。
2350円と安いのでXBOXを持っている方はオススメの作品です
10月からのゲームラッシュまでに終わらせたいです!

雑記

8月に購入予定だったアンダーテイル、マターフォールは購入を見送ることにしました

アンダーテイルは評価が高いのは分かるんですが絵があんま好きじゃないことに気づいちゃいました。

マターフォールはちょっと評価が微妙ですね

なのでこの2人は見送ります。

先日のゲームズコムでXBOX ONEで発売されるRecoreの完全版を買おうと思います。

前から気になってはいたんですがペルソナ5と同日発売で買う時期を見失っていたのでここで完全版は嬉しいです。

XBOX ONEのゲームは昨年のギアーズオブウォー4以来ですから約一年ぶりに買います(笑)


ドラゴンクエスト11 Review

7/29に発売されたDQ11のレビューです。

PS4版のみプレイしました


評価

9.5/10点


良い点

・シナリオ

悪魔の子と言われた勇者の主人公や旅をしていく中で仲間になるメンバー全てに愛着が湧いた。

シナリオもここらへんで終わりだろうなと予想していた所から更に奥深くに続いていきどんどん進めたくなる展開だった。サブタイトルの意味もなるほどと思う形でしっくりきた

シナリオのみで80時間以上のボリュームがありどっしり遊びたい人にはうってつけ。

・キャラクター

仲間と冒険してる感があってよかった。パーティメンバーが増えるごとに面白さがプラスされていった印象。

途中1人になり世界に散り散りになったメンバーを探すがはやく見つけたいという気持ちになった。みんな濃くてこのメンバーいいなと感じた。

・戦闘

古臭いとか言われつつあるコマンドバトル。しかし昨年のペルソナ5や今回のDQ11を見てわかるようにコマンドからアクションに振ったRPGより出来が格段にいいことが分かる。難易度は表エンドまでは苦戦しなかったがクリア後はレベルを上げないと苦戦したところもありバランスがいいと思った。

・グラフィック

思ってたよりよくて驚いた。4Kテレビで見るとかなり綺麗。

その世界に浸っているだけで楽しいと思えるようなグラフィックだった。

・ボイスなし

テンポがよくテこの判断も英断だと思う。

・世界観

よく出来ていたと思う。町も広くはないものの色々なロケーションがあり、次の町に行くのがワクワクした。


マイナス点

・サブクエス

いわゆるおつかいクエストのみ。連携で倒してこいが面倒だった。もう少し趣向を変えたクエストが欲しかったです。

・メニューまわりのUI

エスト一覧くらいすっと出して欲しいしここらへんの気遣いがなくいちいち面倒だった。

・島にワープ出来ない

外海や内海の島に行くには一回船に乗らないといけないのが不便だった。

・ジャンプの意味

意味ない機能過ぎた。少しの段差も上がらない、下がらないならつける意味なし


総評

かなりレベルの高いRPGだったDQ11。昨年のペルソナ5といいDQ11といい今までの形の中にやり易さが追加されてクオリティの高いゲームになったと思う。コマンドバトルもアクションでバカなAIの仲間と戦うより戦略的でよかったと思う。

サブクエストなどの不満もあるがそれ以上に良い部分が圧倒していたので満点をつけさせてもらった。

シナリオは堀井さんのシナリオなので心配はしていなかったが驚きの連続でとてもいい体験が出来た。久々に時間を忘れて遊んだタイトルでした。


箱1を買った意味とは…&雑記

お久しぶりです。

とりあえず近況報告ですがドラクエ11は真エンドまで観ました。トロフィーも集めたくなりコンプしている状態です。

レビューが遅くなり申し訳無いです、頭の中を整理して書きたくて遅くなってます。

大まかな点数や感想は固まっているので近日中に挙げたいと思います。

最近の個人的なニュースですがタイトルにも書いたとおり箱1を買った意味がなくなってきてしまいました。

私は昨年のクォンタムブレイクの同梱版でXBOX ONEを買ったのですが欲しかったスケイルバウンドが中止、XBOX ONEで出る予定だった、We happy FewというインディーゲームがPS4でも発売されることが決定。

これにプラスしてXBOX ONE Xの存在です。

4Kテレビを持っているので明らかにスコルピオのほうが欲しいですよ(笑)

そしてクラックダウン3が発売延期となりちょっと失敗したかなって思ってます。

スコルピオまでまてばよかったなと。

まぁ一種の社会経験だと思って今後のXBOXのラインナップが潤うことを祈ります


8月購入予定ソフト&雑記

お久しぶりです。
前回のFF12の記事から2週間ぐらい経ちましたがやってるゲームはドラクエ11のみです。
ドラクエ11は80時間ほどプレイしていて表エンドは終わり裏ボス討伐にレベル上げなどしているところです。
去年ペルソナ5をやってるときに近いんですがのめり込むようにプレイしています。
ドラクエのレビューは別記事でする予定ですが今のところぶっちぎり楽しめてます。
2017年のゲームのクオリティの高さに驚いてます(笑)
8月購入予定ソフトですが8月は隙間期間でさほど大型タイトルはないんですよね、まぁドラクエスプラトゥーン2が7月後半でしたからそれを避けてると思います。
購入予定なのは
8/16のundertale
8/17のマターフォールの2つです。
どちらもダウンロードタイトルで1620円だった気がします。
undertaleは話題になってたので気になっていて、マターフォールはエフェクトが派手、綺麗で興味が湧きました
とりあえずこの2つは買う予定です。
あとスマホ版のドラクエがセールをしているのでもしかしたら買うかもしれません。
PS4で配信しているsuper cloud builtってやつが気になっているのでドラクエ11次第で買うかもしれないですがまだ迷い中です。
とりあえずドラクエ11を終わらせて次に行きたいですね〜

FF12 the Zodiac Age Review

FF12ザゾディアックエイジのレビューです。

PS2の後期に発売したFF12のインター版のリマスターですね

かなり改良されていて遊びやすく好感触のゲームでした

評価

9/10点


良い点

・バトルシステム

エンカウントなしのバトルとAIを設定して自動で戦うバトル。ガンビットのシステムは本当に素晴らしいと思います。これを10年以上前にやっていたことに驚きました。自動で戦うと聞くと放置ゲーかと思う人もいると思いますがいきなり強敵に会い全滅や、毎回毎回コマンドを入力してるのは煩わしいと思うので個人的にはよかったです。またジョブシステムにより遊ぶたびに違うジョブに出来、育て方が全く違うのでいいと思う。

・世界観

イヴァリースの世界が素晴らしい。ロケーションも豊富で色々な景色を楽しめました。マップも広いところも多くよかったです。ダンジョンも凝っていて、あーFFってこんな感じだった!って懐かしくなりました。

最新作のFFがロケーションが少ないゲームだったので豊富なロケーションで旅をしている感覚はよかったです。

・キャラクター

ヴァンが主人公っぽくないとか薄いとか言われてましたが初プレイなのにキャラがすごく好きになりました。パーティ全体を主人公として観るとキャラは薄くないと思います。

主人公パーティが世界の中心じゃないところがかなりよく、イヴァリースの世界の中にいる1人として描かれているのはよかったです。

敵側も掘り下げられていて目的意識などがきちんとしてたと思います。

・ストーリー

トーリーの後半が残念という言葉をよく聞きましたがプレイしていてそんなことはないかなと思いました。序盤の各駅停車から後半は急行になりましたが全体が各駅停車ならグダグタなストーリーになっていたと思います。

私はかなり好きなストーリーです。

・曲

言わずもがな。凄くいい

・リマスター

リマスターのタイトルとしても改良されているのでよかった。2倍速、4倍速は快適過ぎてびっくり。またオートセーブも入っていてよかった。いきなり強敵に会い全滅があるゲームなのでオートセーブに助けられた場面もあった。グラフィックもリマスターにしては相当頑張っていると思う。エフェクトも見た目が派手になりバトルも気持ちいい感じ。


マイナス点

・価格

フルプライスはちょっと高いかなーと。あと1000円安ければよかったのにと感じてしまう。



総評

プレイ時間は2倍速中心で40時間ほど。ボリュームも今のゲーム基準だと充分だと思います。FFは90点以上のゲームを求められ、主人公が目立つゲームだと認識されている中でパーティメンバー全体が主人公な形のゲームが出て当時は批判されたと思うが、今やるとそこまで残念な出来ではなく最近のFFよりかなり優れていると感じた。巨大な世界の一部を切り取ったストーリーでイヴァリースが核にあるストーリーだったと思う。今回初めてFF12に触れて今までのFFの中で一番好きなFFになった。世界観、キャラ、ストーリー、バトルシステムの全てが気に入りました。久々にどっぷりつかれるRPGをプレイ出来てよかったです。



IMPLOSION Review

7/6にNintendo switchで配信されたダウンロードソフトIMPLOSIONのレビューです。

元々スマホで配信されていたが今回switchでも配信。switch、スマホともに1200円。


評価

9/10点


良い点

・アクション

基本アクションはYとXで進むので単純に思うけど爽快感があって楽しい。Rスティックで銃が使えたりと近接を中心に遠距離攻撃もできる。シールドが剥がれるとすぐにHPが減るので回避しつつコンボに決める形になる。

キャラも基本ストーリーは2つのキャラを選べ、立ち回りが変わるところもよかった。

ノーマルでプレイしたが後半やボス戦は割と死にました。

銃が中心のキャラもいてプレイの幅があるのはよかった。

・ストーリー

いきなり始まるストーリーやSF物なので専門用語が多いものの理解出来ないものではない。登場キャラは多くないがコンパクトにきちんとまとまっている感じで個人的にはかなり好きだった。

アナザーストーリーで違うキャラでプレイ出来るなどボリュームはある。

ローカライズ

スマホは英語のみだったがswitchでは日本語にフルローカライズされている。配役も豪華で素晴らしいと思った。

・キャラ

2D絵で出てくるキャラはどれもよかった。

・グラフィック

元々がスマホだったため期待してなかったが4Kテレビでテレビモードプレイをしても気にならなかった。

・価格

1200円は破格過ぎる。


マイナス点

・OPがローカライズされていない

ここが謎。なぜかOPはローカライズされてなく何言ってるかわからないのが残念。

・ストーリーが難解な部分がある

何が目的で進んでいるのかわかりづらい部分が中盤にある。

・モッサリするアクション

アクションはいいがモッサリ、移動が遅く感じるときがある。


総評

1200円でここまで出来るのはすごい。プレイ時間は5時間ほどで一周出来るがノーマル、ハード、エキスパートと難易度別になっている。1つのミッションも15分くらいでクリアできるのでちょっとした時間で気軽にプレイできる。

1200円とは思えないアクション、ストーリー、ローカライズで素晴らしいゲームになっている。

かなりオススメなゲームになった。