dgames’s blog

ゲーム好きな人によるゲームのブログ

8月購入予定ソフト&雑記

お久しぶりです。
前回のFF12の記事から2週間ぐらい経ちましたがやってるゲームはドラクエ11のみです。
ドラクエ11は80時間ほどプレイしていて表エンドは終わり裏ボス討伐にレベル上げなどしているところです。
去年ペルソナ5をやってるときに近いんですがのめり込むようにプレイしています。
ドラクエのレビューは別記事でする予定ですが今のところぶっちぎり楽しめてます。
2017年のゲームのクオリティの高さに驚いてます(笑)
8月購入予定ソフトですが8月は隙間期間でさほど大型タイトルはないんですよね、まぁドラクエスプラトゥーン2が7月後半でしたからそれを避けてると思います。
購入予定なのは
8/16のundertale
8/17のマターフォールの2つです。
どちらもダウンロードタイトルで1620円だった気がします。
undertaleは話題になってたので気になっていて、マターフォールはエフェクトが派手、綺麗で興味が湧きました
とりあえずこの2つは買う予定です。
あとスマホ版のドラクエがセールをしているのでもしかしたら買うかもしれません。
PS4で配信しているsuper cloud builtってやつが気になっているのでドラクエ11次第で買うかもしれないですがまだ迷い中です。
とりあえずドラクエ11を終わらせて次に行きたいですね〜

FF12 the Zodiac Age Review

FF12ザゾディアックエイジのレビューです。

PS2の後期に発売したFF12のインター版のリマスターですね

かなり改良されていて遊びやすく好感触のゲームでした

評価

9/10点


良い点

・バトルシステム

エンカウントなしのバトルとAIを設定して自動で戦うバトル。ガンビットのシステムは本当に素晴らしいと思います。これを10年以上前にやっていたことに驚きました。自動で戦うと聞くと放置ゲーかと思う人もいると思いますがいきなり強敵に会い全滅や、毎回毎回コマンドを入力してるのは煩わしいと思うので個人的にはよかったです。またジョブシステムにより遊ぶたびに違うジョブに出来、育て方が全く違うのでいいと思う。

・世界観

イヴァリースの世界が素晴らしい。ロケーションも豊富で色々な景色を楽しめました。マップも広いところも多くよかったです。ダンジョンも凝っていて、あーFFってこんな感じだった!って懐かしくなりました。

最新作のFFがロケーションが少ないゲームだったので豊富なロケーションで旅をしている感覚はよかったです。

・キャラクター

ヴァンが主人公っぽくないとか薄いとか言われてましたが初プレイなのにキャラがすごく好きになりました。パーティ全体を主人公として観るとキャラは薄くないと思います。

主人公パーティが世界の中心じゃないところがかなりよく、イヴァリースの世界の中にいる1人として描かれているのはよかったです。

敵側も掘り下げられていて目的意識などがきちんとしてたと思います。

・ストーリー

トーリーの後半が残念という言葉をよく聞きましたがプレイしていてそんなことはないかなと思いました。序盤の各駅停車から後半は急行になりましたが全体が各駅停車ならグダグタなストーリーになっていたと思います。

私はかなり好きなストーリーです。

・曲

言わずもがな。凄くいい

・リマスター

リマスターのタイトルとしても改良されているのでよかった。2倍速、4倍速は快適過ぎてびっくり。またオートセーブも入っていてよかった。いきなり強敵に会い全滅があるゲームなのでオートセーブに助けられた場面もあった。グラフィックもリマスターにしては相当頑張っていると思う。エフェクトも見た目が派手になりバトルも気持ちいい感じ。


マイナス点

・価格

フルプライスはちょっと高いかなーと。あと1000円安ければよかったのにと感じてしまう。



総評

プレイ時間は2倍速中心で40時間ほど。ボリュームも今のゲーム基準だと充分だと思います。FFは90点以上のゲームを求められ、主人公が目立つゲームだと認識されている中でパーティメンバー全体が主人公な形のゲームが出て当時は批判されたと思うが、今やるとそこまで残念な出来ではなく最近のFFよりかなり優れていると感じた。巨大な世界の一部を切り取ったストーリーでイヴァリースが核にあるストーリーだったと思う。今回初めてFF12に触れて今までのFFの中で一番好きなFFになった。世界観、キャラ、ストーリー、バトルシステムの全てが気に入りました。久々にどっぷりつかれるRPGをプレイ出来てよかったです。



IMPLOSION Review

7/6にNintendo switchで配信されたダウンロードソフトIMPLOSIONのレビューです。

元々スマホで配信されていたが今回switchでも配信。switch、スマホともに1200円。


評価

9/10点


良い点

・アクション

基本アクションはYとXで進むので単純に思うけど爽快感があって楽しい。Rスティックで銃が使えたりと近接を中心に遠距離攻撃もできる。シールドが剥がれるとすぐにHPが減るので回避しつつコンボに決める形になる。

キャラも基本ストーリーは2つのキャラを選べ、立ち回りが変わるところもよかった。

ノーマルでプレイしたが後半やボス戦は割と死にました。

銃が中心のキャラもいてプレイの幅があるのはよかった。

・ストーリー

いきなり始まるストーリーやSF物なので専門用語が多いものの理解出来ないものではない。登場キャラは多くないがコンパクトにきちんとまとまっている感じで個人的にはかなり好きだった。

アナザーストーリーで違うキャラでプレイ出来るなどボリュームはある。

ローカライズ

スマホは英語のみだったがswitchでは日本語にフルローカライズされている。配役も豪華で素晴らしいと思った。

・キャラ

2D絵で出てくるキャラはどれもよかった。

・グラフィック

元々がスマホだったため期待してなかったが4Kテレビでテレビモードプレイをしても気にならなかった。

・価格

1200円は破格過ぎる。


マイナス点

・OPがローカライズされていない

ここが謎。なぜかOPはローカライズされてなく何言ってるかわからないのが残念。

・ストーリーが難解な部分がある

何が目的で進んでいるのかわかりづらい部分が中盤にある。

・モッサリするアクション

アクションはいいがモッサリ、移動が遅く感じるときがある。


総評

1200円でここまで出来るのはすごい。プレイ時間は5時間ほどで一周出来るがノーマル、ハード、エキスパートと難易度別になっている。1つのミッションも15分くらいでクリアできるのでちょっとした時間で気軽にプレイできる。

1200円とは思えないアクション、ストーリー、ローカライズで素晴らしいゲームになっている。

かなりオススメなゲームになった。



ベルセルク無双 Review

ベルセルク無双をクリアしたので感想を。

元々ベルセルクが大好きなので買った形です


評価

7/10点


良い点

・爽快感のあるゲーム

ベルセルクの主人公ガッツを中心に爽快感あるゲームに仕上がっている。

特に大剣を振り回すガッツの出来がよく面白かった。

・黄金期から千年帝国の鷹まで網羅されている充分過ぎるボリューム

トーリーモードのボリュームは凄まじいです。これに加えて無限蝕モード、フリーモードなどやり込みたい人にはうってつけのゲームとなっている。

・ガッツなどのキャラ

ガッツなどベルセルクの主要キャラは使える。ゾッドなど使徒も使えるのがよかった。

ガッツは鷹の団、黒い剣士、狂戦士などストーリーが進むにつれて戦略が変わるところもよかった。

・敵

黄金期は人、黒い剣士になると使徒と戦いある程度の敵数がありよかった。


マイナス点

CERO D

あり得ない。ベルセルクなのにベルセルクじゃない。やはりベルセルクにはセクシャルな部分もグロも必要だと思う。ベルセルク自体大人向けだと思うしZで発売しない意味がわからない。大人の事情もあると思うがグロは割と頑張っていたのでもっと突き抜けて欲しかったと感じた。

・ボス戦

つまらない。この一言に尽きる。圧倒的につまらないボス戦になっている。ストーリーの節目でボスと戦うがその中で面白いと感じたものはゼロ。特にフェムト戦はイライラしたし途中でやめようかと思った。無双の爽快感とはかけ離れた形で攻撃受けて吹っ飛ぶをループするなど残念だった。

・黄金期以降のカットシー

黄金期は映画を使って表現していた。これはよかったが黒い剣士以降は棒立ちの会話シーン、極たまに入るカットシーンなど手抜き感がハンパない。

棒立ちの会話シーンは進むのが遅くイライラしたし長い場面もありテンポが良くない。

序盤あれだけカットシーンを利用してたのに中盤、後半は棒立ちの会話シーンが中心なのは残念。

・端折り過ぎるストーリー

ベルセルク自体長い話なので端折る部分は必要だと思いますがそこ端折るのにそこやるんだ的な部分もありどーなのかなと思いました。

漫画がまだ終わってないので仕方ないですがストーリーも微妙なところで終わります。

オリジナルストーリーでもよかったんじゃないかなと。


総評

トーリーはボリュームがかなりありボリュームややり込みを求める人には向いているゲームです。ベルセルクを知らない人がベルセルクを知りたいと思ってやるにはストーリーが雑過ぎるかな。

無双のクオリティは高く爽快感あるバトルは楽しめました。しかし、ボス戦のクオリティががっかりするほど低くかなりのマイナス点になってます。

黄金期は映画です繋ぐことが出来たのでよかったですが中盤以降棒立ちの会話シーンが流れることが多く早送りしてもキャラの会話が終わるまで待つ仕様で萎えました。中盤もカットシーンを作るべきだったと思います。

無双が好きな人にはオススメですがベルセルクを知りたいって人は漫画を読んだほうが断然いいです。


ベルセルク無双 黄金期までの感想

やっとベルセルク無双の黄金期が終わりました

いやー長い!めちゃくちゃ長かった…

漫画でも4〜14くらいの長さなのでかなり長いですがゲームでも長いですね

端折ってはいるんですがそれでも長く感じました

ここまでの感想だと良いところと悪いところが色濃くでている作品って感じです

面白いんですけどボス戦が本当につまらない

これが致命的です

黄金期編の最後のフェムトはマジで発狂するかと思うほどイライラさせられます

ゾッド、グリフィス、ワイアルド、フェムトとボスがいましたがイライラさせられるだけの時間です

これだけ物凄く残念です

これがなければかなりの高評価だったのにと思いました

次は黒い騎士編なのでまた違った遊びが楽しみです

ボス戦には期待できないからささっと進めたいと思います

7月の購入予定ソフト

どうも!最近はベルセルク無双もぼちぼちと進めてます。ですがかなり長そうな気がしてきてます、まだ黄金期編なのでこれからまだまだボリュームはありそうです。

さてもう7月ですが7月はかなりの激戦区です
ぶっちゃけ入れすぎだろって感じですが購入が確定してるソフトは4本です。
まず7/6配信
・IMPLOSION(インプロージョン)です
ニンテンドースイッチむけに7/6に配信されます。1200円くらいだった気がします
元々スマホゲームだったのがスイッチに移植されるっぽくてわりとアクションはしっかりしてるようなので手を出してみようと思います。
1200円ですので大きな出費ではないですし
次が7/13発売
ファイナルファンタジー12 ザゾディアックエイジです
FF12のHDリマスターが7/13に発売です。
いやーFF15本編より期待してる部分があったのでめちゃくちゃ楽しみです。PS2の無印FF12はやったことがないので期待です!
トーリーが残念と言われてますがFF13FF15でハードルがかなり下がってると思うので平気じゃないかな
次が7/21発売
スイッチ期待の新作です。これが目当ての人もかなりいると思いますしまだスイッチ本体を手に入れてない人も多い中でまた本体争奪戦が繰り広げられそう。
ヒーロモード、コープモード、対戦とシューターゲームにある要素はあるのであとは運営が前作のようなフェスでどれだけ盛り上げられるかだと思います。マルチプレイ中心のゲームなのでちょびちょびとやりたいです。
そして!7/29発売
7月の本命とも言っていいドラクエ11
ドラクエ自体にはあまり思い入れはないんですがps4で最新のドラクエができることが何よりワクワクします
あの世界にはやく浸りたい!
コマンドバトルもアクションゲームが多い中で久々なので楽しみだったりします

以上の4本です
7月は忙しいのでドラクエまでにFF12が終わるかわからないですね…
ドラクエが発売すればどっぷりドラクエに浸かりたいのでドラクエ11までには終わらせたいです!

FF15 エピソードプロンプト Review

6/27に配信されたFF15DLCエピソードプロンプトのレビューです。前回のエピソードグラディオラスがかなり残念な出来だったので期待してなかったのですがEPグラディオよりは楽しめました。


7/10点


良い点

・ストーリー

本編の途中でプロンプトか列車から落ちたあとからのスタート。帝国出身でヴァーサタイルの遺伝子から生み出された魔導兵になるために生まれたプロンプトの過去に迫るストーリー。本編ではきゃんきゃん吠えててそのまで好きじゃなかったんですがDLCではシリアスな感じで進んでてよかったです。

・新マップ

グラディオ編は洞窟に入るだけだったので同じようなところを進んでたが今回はある程度広いマップを移動するなど前回から改善された部分があった

・キャラ

葛藤するプロンプト、アラネア、自分の欲望のために動くヴァーサタイルなどいいキャラが多かった。だからこそヴァーサタイルは本編で見たかった部分でもある。


マイナス点

・ゲームシステム

TPSがこれだけ世の中に出ていてこのクオリティはないかな

一世代古いTPSを遊んでる感覚です。操作性もかなり悪く挙動にイライラすることもありました。敵のAIもお馬鹿ちゃんで棒立ちな敵も多かったです。

ヴェルサスで3人近接でプロンプトだけTPSのシステムをどうやってキャラチェンジに落とし込むんだろうと思ってましたがキャラチェンジやめてよかったんじゃないかなって感想。TPSは作ったことないと思うけどお金を払って買う人がいる以上一定のクオリティで出さなければならないと思う。もう少し快適に遊べたらと思った。ps4ではL2で構えR2で撃つというグローバルスタンダードがあるのになぜかそれに従わない操作性も何を考えていたのかわからない。

・ブツ切りに感じるストーリー

トーリー自体はいいです。しかし列車から落ちて数日後とか雑なんですよね。始まっていきなり服変わってるし知らないところ歩いてるし本編とDLCで繋がってるのにブツ切りに感じました。ノクトたちと別れてどうやって服着替えてとかがなくいきなり始まる感じはとても嫌でした。

冒頭の深い雪の中を歩くシーンもカットシーンでいいんじゃ?冒頭からあんなシーン入れられても嫌なだけだと思う。FF15のチームがストーリーに対してはさほど力を入れてないことは本編から分かるが本編と密接に関わる部分なのできちんと繋がるようにして欲しかった。最後も捕まるところまでやって終わりとするべき。アーデンが色々動いてたんだろうけど描写不足だと感じた。

DLCありきの開発

本編でちょこっとでも触れてほしかった。別にプロンプトを操作しなくてもヴァーサタイルと本編でやり合いたかった。やはりDLCありきで開発していたと思うと何とも言えない気持ちになる。


総評

7点にしたがよかった部分で何があったのかやヴァーサタイルのこと、アラネアとの共闘、ストーリーでの満足度が高かったため少し甘めにつけた。

1時間半では語りきれない部分が多く本編のストーリーのクオリティの低さがDLCにも響いていると思う。ゲームシステムなどのマイナス点についてはかなり残念だった。特にTPSはこのDLCの売りであるのにそれを存分に発揮出来てない。

500円ちょいの値段なので高望みは出来ないからそれでももう少し戦闘にひねりがあるとよかった。




ベルセルク無双を買った

タイトル通りです(笑)
ベルセルクの新刊が出たんで読んだらまた読み直しをしようと思ったんですがamazonベルセルク無双が安かったので気になってたタイトルでもあり買いました。
ゾットまで進めましたが無双ゲームを初めて買ったことに買ってから気づきました。
ゲーム自体はバッサバッサ斬っていくゲームなんですけど無双ゲームに抱いていた感想とは違くて爽快感のあるゲームなんだと体験してやっと知りました。
ずっと無双って単調だなーって思ってたんですが爽快感がハンパない
最近オープンワールドなどのゲームが多く爽快感とはかけ離れてたためハマってしまいそう。
トーリーはガッツの旅を追体験する形ですが劇場版の映画が合間合間に流れます。
知らない人でも楽しめるようにはなってるのかな?
知っているからこそザーッとストーリーは流していく感じにしたいかな〜
トーリーが終わったらまたレビュー上げたいと思います!
ちなみに今日はFF15のEPプロンプトが配信されるのでこちらもレビューをあげると思います。多分こっちの方がはやいかも

ARMS Review

6/16に発表したNintendo switchソフトARMSのレビューです。

ランクマッチを少し進めたところまでやりました


6/10点


良い点

任天堂新規IP

スプラトゥーンに続こうという気持ちが溢れる作品となっている。スイッチのジョイコンのモーションコントロールをフル活用したいいね持ちなどスイッチに特化した形になっている。

・色々な操作方法

ジョイコン、プロコンなどいいね持ちの強制だけではなく色々な操作方法があるのはよい。

・キャラ

個性的なデザインでいいキャラもいる。キャラごとの色がよく出ている。

・のびーる腕で戦う

腕を伸ばしてパンチが基本的な攻撃でジョイコンを振ってから時間差で相手に届くため相手の動きを見極める必要がある。

・対人戦

やっぱり対人戦が面白い。人によって色々な攻めをしてくるので楽しい。


マイナス点

・決まった攻め

対人戦で決まった攻めを繰り返してくる人が多い。またハメることも簡単に出来る場合もあるので人が離れるだろうと思った。

・微妙なデザインのキャラ

良い点であげた以外のキャラのデザインが残念。

・操作方法が微妙

色々な操作方法があるのはいいが痒いところに手が届いでない感じがした。

・1人モード

グランプリモードが雑に感じる。オンライン中心なのはわかるがスプラトゥーンの1人モードより作り込みが甘いし微妙。難易度、難しさは幅がありよかったため勿体無いと感じた。


総評

1人でストイックにやるゲーム。パーティ部分はまだまだだと感じた。格ゲーなのでライト層は淘汰されていくと思う。第2のスプラトゥーンを目指して格ゲーに新しい風を吹かせたいと考えたと思うが残念な部分が多かった。体験会でもっと遊んで満足していればよかったと思うほど飽きがはやかった。

マルチ対戦中心だが1人モードももう少し充実して欲しい。

1ヶ月後の7/21にスプラトゥーン2が出るため買った人のほとんどがスプラトゥーン2に流れると思う。アップデートなどで飽きさせない工夫があるとしても発売時期やライト層に向けた取り組みが今ひとつだと感じた。

少し前はFPSのキャンペーンモードを作らずオンラインマルチだけのゲームもあったが、最近はキャンペーンモードをきちんと作るところが多い中でARMSは1人モードが残念な出来であった。

ずっとやり込む人にとっては面白いと思うがそうでない人に向けては微妙な作品。

期待していたタイトルだっただけに残念な部分が多かった。

FF15 アンケート

FF15のゲームのトップページからアンケートが出来るようになりました。といっても結構前から出来るようになってます。

6月下旬には締め切るらしいのでアンケートに参加したい人はお早めに。

さてこのアンケートについてです。

FF15をdisりたいわけじゃないんですがやはり言いたいことが山ほどあります。私はこのブログで一貫して発表してるDLCをはやく配信し次のプロジェクトに取り掛かってほしいと言ってきました。今からどれだけアップデートをやってもユーザーは戻ってこないし世間の評価も変わらない。だから今回の経験を次に生かしてほしいそれが一番だと思ってます。

しかしBD2はそうは思ってないみたいです。

アップデートの参考としてアンケートを行いユーザーの欲していることを確認したいようです

15個の項目に分かれておりそのいくつかは初めから入っていて当然の内容で悲しくなりました。BD2の開発陣が未完成でした!と言っているようなアンケートであんたらがこれやるかーと驚いています。

これから一個ずつ私が思った感想を書いていこうと思います。

・『アーデンの過去』についてのストーリー追加

これは初めから入れておくべき。さらっと簡単に本編で説明され、サイコパスとしか思わなかったので説明は必要だと感じます。アーデンにも様々な思いがあり本編に繋がると思うのでただのサイコパス野郎のままにしておくのは勿体無い。キャラもよかったので本編に入ってあればよかったが。

・『ルナフレーナの行動』にどのような意味があったのかのストーリー追加

これはそのまでかなと。他のキャラよりルーナの想いやそれに付随する行動を描かれていた。しかし間接的でもっと出番を増やして欲しい部分もあり、自分の使命を全うする素晴らしいヒロインだったが殺されるところなど予定調和に進んでいたので良いキャラなのに残念だった。ルーナの行動としてみると大幅に追加するほどでもない。

・『コルがどのような行動』のストーリー追加

オルティシエに渡って以降何をしているのかさっぱり(王の場所を探していた気がする)だったコル将軍。そのまま退場だったので少し気になります。しかし10年後も生きているためさほど重要じゃない気がします

・『ルシス王家』の歴史などのストーリー追加

文献とか色んな場所に追加すればよくね?

そんくらいやれよとしか思えない。

・『イフリートの裏切り』6神ストーリー追加

イフリートの裏切りについてはカットシーンや神話の内容で補足すべき。いきなり裏切り者のイフリートとか言われてもわかんない。

神話の話はイグニスなどが知っているのなら会話で追加してもよかったはず。

6神のストーリー追加は話の規模が大きい&直接ストーリーに絡まないなら別に設定だけでいい。ストーリーに絡んだ部分があるのでそこを少し掘り下げておけばよかった

・『10年後の世界がどうなっているか』のストーリー追加

気になる部分ですがユーザーの想像の余地も必要かなと。エンディング後結局あの3人はどうなったのかは気になります。

・『ノクトがいない10年間』のストーリー追加

みんな生きてるし別に気にならない。

・『コル』のバトルキャラ

オンラインでお願いします

・『アラネア』のバトルキャラ

オンラインでお願いします

・『イリス』のバトルキャラ

オンラインでお願いします

・『ルナフレーナ』のバトルキャラ

オンラインでお願いします

・『ゲンティアナ』のバトルキャラ

これ見たときこのアンケートやる気ないのかなと思った。シヴァじゃん…

・ハードモード追加

ノーマルでさえ難易度調整下手なのに何を言ってるのか、ただ難易度上げればいいみたいに思ってそうで怖い。てかハードモードくらい初めから入れておくべき。

・ファントムソードの性能大幅アップ

最初から完璧な性能は厳しいかもしれないけど最初のほうのアプデで対応すべきでは?

今更感ハンパない。

・『新魔法』

キングスグレイブを見たとき本編でもこの魔法が使えると思っていた。しかしショボい魔法しかなかったため残念だったし王の剣のほうがかっこいい魔法使うのね…って思ってた。今更追加されても感あるので別にいらない

以上のような感想です。

私が投票したのはアーデンの過去です。

やはりラスボスだったのでもうちょい掘り下げてほしいかなって感じです。

FF15DLCはあとエピソード2つとオンラインです。これにプラスしてアップデートだとかなりの人数がまだFF15に関わることになるのでずっと言ってるようにDLC終わったら反省して次に行ってほしい。

アンケートも未完成と自分たちから言ってるように見えてしまうので残念です。

田端氏はGTAVやウィッチャー3のように発売後もアップデートでよくなるゲームがあると言ってましたがGTAV、ウィッチャー3は元々がかなりクォリティの高いゲーム。FF15とは比べものにならない雲の上のゲームです。自分たちが作ったゲームを客観的に見てどの位置にいるのかを把握したほうがいいんじゃないかと思います。

エピソードプロンプトがきたらまたレビューをあげたいと思います!

では〜