dgames’s blog

ゲーム好きな人によるゲームのブログ

ANUBIS ZOE MARS 感想

9月6日に発売したANUBIS ZOE MARSのレビューです。

オリジナルであるPS2、HDリマスターであるPS3は未プレイで今回が初見でした。

元々は今は亡き小島プロダクション小島監督がプロデューサーという立場から開発されたシリーズ。

PS3のHDリマスターから新作への期待や開発初期であることを明らかにしたがHDリマスターの手抜きで劣化版と言われ評価をだいぶ落としてしまった。その後ヘキサドライブがパッチを作りかなり改善されたものの新作の情報はなく小島監督コナミを離れた。

今回のANUBIS MARSはCygamesが開発を担当し、4K PSVRという柱を掲げている。

自分はPSVRを所持していないので4KリマスターされたANUBISのプレイの感想である。

 

評価

6/10点

 

良い点

・4K リマスター

元々アニメ調のグラフィックであるためリアルに作られたゲームをリマスターするより見栄えは良い。

特に4Kだとかなり綺麗になっていて昔のゲームであるにも関わらずそこまで古臭さを感じない。

この4Kで遊ぶANUBISという部分だけでもかなり好印象だった。

・ストーリー&キャラ

ストーリー自体は5時間もあればクリア出来る。メインのボリュームはかなり少ないがガッツリ構えてやるゲームではないと思うのでこれくらいでよかった。

劇場版のアニメを観ている感覚で進むのでテンポがよくストーリーも王道だが小難しいことをされるより全然いい。

キャラクターも登場する数は多くないがきちんとキャラの性格が立っているのは良かった。

 

マイナス点

・カメラ

擁護出来ないレベルでクソ仕様です。

ジェフティの後ろにカメラが回る癖やカメラスピードを調整出来ないため遅いカメラを動かさなければいけない。行きたい方向に行こうとすると勝手に違う敵をロックオンして行動を妨げるなどはっきり言ってイライラしましたし、かなりストレスでした。

・バトル

✖︎というより△です。

このゲームの売りであるハイスピードロボットアクションはこの時代には古過ぎる。

ブレードと遠距離攻撃、掴みなどを駆使して戦って行くが上記のカメラのせいでかなり台無しになっている。

近い敵にブレードで攻撃しようとしてもロックオンしているのが別の敵で攻撃出来なかったりと不満がふつふつと溜まる。

ボス戦は楽しめましたがそれ以外は普通でした。

イライラしたのが民間区域での戦闘と終盤のLEVを守りながら進むステージです。

勝手にロックオンして倒したい敵まで素早く辿りつけない、味方を援護したいがうまく出来ないというステージでした。

・操作性

カメラ関連になるのですが操作性はやはり酷いです。

PROという操作パターンもありますが今どき△で上昇、✖︎で降下というボタンを押すのはどーなのかなと。

スティックで簡単に移動出来ればよかったです。空中に浮遊して戦うのは気持ちいいのにわざわざボタン押さなければならないのは面倒。

 

 

総評

ラスレムリマスター、エンドオブエタニティリマスターが4000円までに抑えられている中、定価5000円以上の価値はないと思います。

ボリュームを求める人にはオススメ出来ません。PS2時代に名作と言われてましたがそこまでのゲームではないような…って感じです。

PSストアに体験版があるのでまずはそっちを触ることをオススメします。

 

 

Marvel’s SPIDER-MAN 感想

9月7日に発売されたPS4独占タイトルスパイダーマンのレビューです。

2016年のE3で発表されて以来かなり楽しみにしていた作品です。

プレイ時間は20時間ほど、プレイ環境はPS4Pro+ SSDです。

 

評価

9.5/10点

 

良い点

・移動

このゲームの本当に素晴らしいことはファストトラベルがないとイライラするオープンワールドゲームに新しい移動、つまりニューヨークの街をスイングしながら猛スピードで移動出来るところである。

オープンワールドゲームにとってプレイ時間の半分以上を占める移動は大切な部分だと思うのでこのゲームで久々に移動が楽しいゲームとなった。

R2と✖︎ボタンというシンプルな移動方法で、いきなりゲームに放り込まれてもすぐに対応出来る。

・ストーリー

スパイダーマンのオリジナルストーリー。スパイダーマン自体アメコミファンでなければ、サム・ライミスパイダーマン3部作が記憶に残っているだろう。また、マークウェブのアメイジングスパイダーマンの一作目で、ベンおじさんの死を描き「またこれ観るの」と映画ファンをガッカリさせた。MCUに入ったスパイダーマンホームカミングでは序盤の展開を吹っ飛ばしスパイダーマンとして活動をし始めたところから映画を始めた。そしてこのスパイダーマンPS4も自警団活動を始めてから8年が経ったピーターパーカーなので序盤のヒーローになるという何回も見せられてきた展開がなく、最初からギャングのボス、フィスクの逮捕という展開から進められる。というのが素晴らしかった。

スパイダーマンとしての顔と、MJと微妙な距離感でいるピーター。この二面性がしっかり描かれていてよかった。

ヴィランたちもバットマンアーカムナイトの残念なバトルとは違いきちんと個別のバトルが準備されていたのは流石だと思った。

・バトル

スパイダーマンのガジェットや、格闘で敵を倒していく。基本的には□で格闘、△でウェブで敵に近づく、R1でガジェット関連、◯で回避。

このゲームは□ボタンを連打するだけじゃ勝てない。◯で回避することを最優先に考えて戦闘していくと楽になると思う。

スーツにも特有のスキルがあったりする。インフィニティウォーのスーツだと映画のように足が生える。(他のスーツにも転用できる)

ボス戦がきちんとあったことも好印象。

・スーツ

スーツが多い。やはり人それぞれ好みがあると思うので色々な選択肢があることはいいこと。

個人的には今作オリジナルのスーツは白が入りカッコイイと思った。

・キャラ

ストーリーのところでも書いたが、スパイダーマンのいいところは二面性だと思う。それがうまく描かれていた。ピーター、MJ、マイルズ、オズボーン、オットーなど個性的なキャラが多く素晴らしい。うまくゲームにまとめたと思う。

・グラフィック

4K  HDRでかなり綺麗。スパイダーマンのスーツの細かい所まで描写されていてすごい。

・親切設計

死んでもすぐリトライ、直前から始められるなどの親切設計。

 

マイナス点

スパイダーマン以外のステルス

MJとマイルズを操作するシーンではステルスミッションがある。しかしぶっちゃけると面白くない。

せっかくスパイダーマンの最高の戦闘、ステルスが出来るのになぜわざわざこれを入れてしまったのか、、

・サブクエ

サブクエ、収集関連が旧世代並み。もう少し工夫して欲しかった。

 

 

総評

オープンワールドゲームでここまで移動、戦闘の爽快感があるゲームはないのではと思うくらい面白かった。

PS4Proの限定版を買ってまで待ちわびたがそのハードルを悠々と超えていったゲームだと思います。シーズンパスの摩天楼は眠らないもプレイしていくので楽しみ。

PS4のタイトルの中でも屈指の名作だと思います!

 

 

 

 

 

 

D日記-1

9月も中旬ですね。9月から怒涛の勢いでゲームが発売していますが皆さんはどうですか?

ゲーム実況が好きな方もタイトルが多く観きれてないのではと思います(笑)

 

今週の頭でしたがPSの最新映像を紹介したイベントがありPS4の今後のラインナップが色々紹介されましたね!個人的に大きかったのはある程度のタイトルが発売日を告知していたこと。

ただ、新規での発表が少なかったのは残念です。三面の画面も見づらくセンサー云々の仕掛けも要らない。みんな観たいのは{ゲーム}だから。

とりあえず言えるのは…来年3月までの僕の予定は埋まりそう(笑)

こ、これ以上は無理…ってレベルでゲームが発売します!

正直来年の1月〜3月まではヤバイです、マジでヤバイです。

一番驚いたのは名越さん率いる龍が如くスタジオの新規IP「ジャッジアイズ」これはサプライズでしょう。

私のレビューを見ていただければ分かると思いますがはっきり言うと龍が如くシリーズは結構評価してないシリーズです。毎回70点ぐらいかなって勝手に思ってます。0は別格ですが。

また、今年3月に発売された北斗が如くは安くなってから購入しましたがクオリティの低さに今後龍が如くスタジオのゲームには注意して見極めなければと思いました。

しかし、ジャッジアイズのトレーラー、体験版をプレイした感じ基本コンセプトは龍が如くであり、よほどなことがなければ大崩れしないと思い多分ですが発売日に買うと思います。

9月10日に発表、体験版配信、12月13日に発売の流れはスムーズで素晴らしいと思います。

戦闘が北斗が如くのクソ戦闘とは全く違い、体験版の時点で面白かったので安心しました。

 

あとは既に発表されているタイトルの続報って感じですかね。

予約が開始されているタイトルも多く、既にSEKIROとキャサリンフルボディの限定版は予約しました。

限定版があれば条件反射で買っちゃうので。

 

話は変わり最近プレイしているゲームですが、スパイダーマンは終わりました。

近日中にレビュー挙げます。とりあえず最高でした。

シャドウオブザトゥームレイダーもアーリーアクセスのおかげでそろそろ終わるかな?ってところです。チャレンジトゥームは最後までやろうと思ってます。

買わないはずだったANUBIS ZOEを買いました。サイゲームスが開発なんですよね、ちらっとプレイしましたが4Kがむちゃくちゃ綺麗です。トゥームレイダーが終わったら本腰入れてプレイします。多分2日ぐらいで終わると思うので。

9月21日にゼノブレイド2 黄金の国イーラ

9月27日にすばらしきこのせかい

がありますが27日に他のゲームを買うかはまだ未定です。

10月頭にアサシンクリードオデッセイが来ますからね、、他のゲームもやりたいのは山々ですが。

こんな感じでガンガン進めて行きたいと思います。

 

 

PS4Pro不具合完結篇

PS4Proがネットに繋がらない状態でしたが家のネットの電源を抜き5時間以上放置→しかし繋がらず。

色々調べDNSの値をいじりやっと繋がる。

しかし、これまでPS4を買ってから3年以上経過していますが有線で全部自動の設定でよかったのにここにきてDNSをいじらなければいけないのが謎。

しかもxboxやPCは設定いじらず繋がるのに。

本当にイライラしました(笑)

 

やっと繋がって色々DLしてます。

 

スパイダーマンですがクリアしたので今度レビュー挙げます。

オクトパストラベラー 感想

Nintendo Switchで発売されたオクトパストラベラーの感想

 

評価

8/10点

 

良い点

・HD-2D

特徴的なグラフィック。キャラはドット絵だがフィールドなどはドットではないという特徴。

モンスターもドットだったりと昔のドット+今の技術という部分を感じた。

まずこのゲームに釘付けになるのはこのHD-2Dだと思うし素晴らしいと思った。

・主人公たち

8人の主人公たちで旅をしていくのだが、一人一人固有のフィールドコマンドがある。

その内容はここで1つずつ説明することはしないが大まかに4つに分類され、正道、邪道に別れている。例えばトレサは買い取るというコマンドで他者からモノを買い取ることが出来、テリオンでは他者からモノを盗むことが出来るなど。

このフィールドコマンドを上手く旅をしていく。

・キャラ

8人のキャラ一人一人が良かった。

・音楽

耳に残るサウンド。素晴らしいです!

・バトル

敵に弱点の武器、魔法とガードのレベルが存在し、弱点をつきガードを削り大ダメージを与えるというバトル。

割とすぐ全滅したりするため歯ごたえがある。

ジョブを組み合わせたり色々考えることもあるコマンドバトルでかなり良かった。

 

マイナス点

・かゆい部分

パーティーメンバーのチェンジが酒場でしか行えない。

リザーブメンバーの装備は酒場でしかいじれない。

上の2つはかなりイライラする要素でした。

リザーブメンバーには経験値が入らず、主人公はクリアするまで固定なので実質3人を入れ替えるように。サイラスが序盤便利だったこともあり2人をチェンジしていたがいちいち酒場まで行くのは面倒。ファストトラベルなどは自由に出来るのになぜここだけ面倒なシステムにしたのかと思う。 

バトルではザコでもいちいち時間がかかるためバトル自体は面白いのだがザコ戦は面倒に感じるように後半はなった。

ストーリーには推奨レベルがあるのだが満遍なくレベルを上げないと割と面倒。

実際レベル上げという作業を永遠と繰り返すことが好きではないのでレベルの低いキャラを酒場に戻りパーティに入れ、フィールドをウロウロしレベルを上げる。という行為に飽きてしまった。

・最初の入りの薄さ

一章は各主人公の旅の目的のためメンバー同士の会話はない。(厳密には一緒に行くの?まぁいいけど的な会話はある。)そのためこの人たちはなんで一緒にいるのかという部分でかなりドライ。

それなのに2章以降パーティチャットというパーティメンバー同士の会話で仲良かったりと謎だなぁっと思ってしまった。

・盗むのリセマラ

テリオンのフィールドコマンドの盗むでは直前でセーブ→盗む→失敗→メインメニューに戻るで確率が低い武器なども手に入ってしまう。

リセマラすればいいだけだしもう少しなんとかならなかったのかと思った。

・テリオンの宝箱の存在

テリオンでしか開けられない宝箱があるがパーティにいないと開けられない。

面倒。これなんでいれたの…

 

 

総評

Switch独占で全世界100万本以上売れ、新規IPとしては素晴らしいスタートダッシュだと思います。

自分も序盤はめちゃくちゃ楽しくてガツガツ進めていきましたが後半は飽きがきてしまいました。隠しボス手前ぐらいで一気に冷めてしまいその後はぼちぼち進めながら倒した感じです。

ただ万人に受けるタイプのゲームだと思いますしこのゲームのためにSwitchを買うのもアリ!だと思っています!

Switchにもう1つかなり強力なIPが出来、今後このチームのゲームにも期待です!

 

 

スパイダーマンPS4Pro来たが…

f:id:dgames:20180907171314j:image

来ました。元のPS4Proからデータ移行を始め終わり、スパイダーマンのディスクをインストール。ゲームを始め裏でPSストアでゲームインストールしとこうと思いストアに行こうとすると、まさかの、、、ネットワークエラー

 

最初は回線混雑してるのかなと思ったのですがストア以外のネットワークからも弾き出されてしまい一切ネットに繋がらない状態に。

家の回線がおかしいのかなと思いxbox、アップルtv4K、スイッチを確認するも不具合なし。

うーん、なんだろうと思ってサポートセンターのチャットで連絡し解決策を模索するも言われたことをやってもムダ。

別のルータへ接続しようとしても無理でした。

データ移行したPS4も初期化して対応したがこれも無理。他のネットは平気なのにPS4だけ無理ってどんなハードだよほんとくそ

買った初日にこれかよ、またソニーか。と思い以前のPS4Pro(初期化済)を起動しネットワークに接続しようとしても無理。なんで?となり、また電話でサポートに連絡。

向こうもなぜか分からないと言われる始末。

エラーコードを見ても分からない製品作るなよって思いましたし完全こっちの環境のせいにしてくるサポートセンターってのは分かってたので。PS4Proを発売日に買った時もHDMI関連の不具合でソニーに連絡してもこっちは知らないと言われ、テレビのメーカーに電話すると解決策を簡単に教えてくれた。

PS4関連だけ不具合出してるので絶対データ移行からの流れに何かしらあると思うのですが

スパイダーマンは30分ぐらいしか出来てないです。スパイダーマンに非はない

むちゃくちゃイライラしますね、サポートの質が悪いです。ほかのサポートセンターの対応はかなりよかったので余計にイライラします。

 

 

スパイダーマンPS4Pro限定版に備えて+α

9月7日に届くスパイダーマンPS4Pro限定版に備えてSSD 1TBを購入しました。

今までもPS4Proを発売日から約2年使ってきましたがSSD換装はしてませんでした。

しかし、かなりPS4Proを稼働させていたのでファンの音が爆音になり、4K HDRで表示するゲームだとバカうるさく感じてたので新しいPS4Proと同時に揃えようと思い購入しました。

元々の内蔵HDDはテレビ用に使うかPS4Proの外付けにするかは迷っています。

実際1TBじゃ足りないので外付けのほうが可能性高いかな。

 

あとXBOX ONE X用にSSHDも購入しました。

流石にSSDは高い(笑)

ONE Xでは内蔵HDDが物凄く速く外付けSSDの効果がさほど期待出来ないみたいなので間をとってSSHDにしました。こちらは2TBです。

ゲーム数はPS4に比べて少ないですが1つのゲームの容量が大き過ぎる。

100GBを超えるゲームも複数あるので容量が大きくお手頃な価格だったので購入。

 

4Kでゲームをすると元々内蔵HDDの1TBじゃ全く足りないですね。ここらへん次世代機では変わってくるのかな?

9月購入ゲーム&迷ってるゲーム

怒涛の新作ラッシュが始まる9月ですが今からワクワクしています。

9月に購入するゲームは

9/7 marvel’s SPIDER MAN (PS4)   

      PS4Pro限定版

9/12 シャドウオブザトゥームレイダークラフトエディション (XBOX ONE

         48時間アーリーアクセスのため12日

9/21 ゼノブレイド2 黄金の国イーラ (Switch)   

         パッケージ版購入のため21日

まず確定しているのはこの3つです!

一週間ごとに楽しみな作品が続きます。スパイダーマンに関してはPS4Pro同梱版を購入するほど楽しみです。

トゥームレイダーは迷わずXBOX版を購入。

XBOX ONE Xではネイティヴ4Kでプレイ出来るので。

 

そして迷っているゲームは

9/27 すばらしきこのせかい (Switch)

9/27 閃の軌跡4 (PS4

9/27 無双OROCHI3 (PS4

です!

流石に同日3タイトルはキツいので2つに絞りたいと思ってます。

なので9月は5本ゲームを買うことに。財布がキツいですがやはり発売日から楽しまないと!という精神なのでゴリゴリ進めていきたいと思います!

We Happy Few 感想

We Happy Fewをクリアしました。

ほとんどの内容はact:1クリアで書いた内容と同じです。

カナダのCompulsion Gamesがキックスターターで最初始めた企画でその後アーリーアクセスなどを経てGearboxがパブリッシングするなどしてやっと8/10にリリースされました。

元々はPCとXBOX ONEに向けての発売でしたが、Gearboxがパブリッシングを発表した時PS4版も開発というアナウンスがありました。

国内ではSteamとXBOX版が発売されています

自分はデジタルデラックス版(本編➕シーズンパス)を買いました。

 

評価

6/10点

 

良い点

世界観

始めてこのゲームを知ったとき世界観を魅せられたのを覚えています。今思えばかなり初期の段階のPVでしたが観たときワクワクしたのを覚えています。

製品版でも独特の世界観は健在で街の感じやヤバいプレイをするクラブなどぶっ飛んでる世界観は最高でした。

住民にダウナー(薬を使ってない人)だとバレないように過ごし、時にはJOY(ヤバイ薬)を飲みながらやり過ごす。という部分もよかったです。

ストーリー

3人の主人公の群像劇でした。

世界観という土台が素晴らしいのでストーリーもよかったです。

グラフィック

世界観とマッチしていたし4K HDRは綺麗。

 

 

マイナス点

バトル

ディスオナードのような一人称のバトルだかクオリティはディスオナードに全く及ばない。

はっきりいうと面白くない。

一人称、近接武器中心ということもあり爽快感などは皆無。

基本的にはステルスで1人1人テイクダウンさせてバレたら近接武器でブン殴るって感じでした。

システム

持ち運べる容量が少ないと思ったのと拾える武器でだいたい対処出来てしまうので作業台が不要だと感じたり洗練されてない部分が多かった印象です。

メニューの使いづらさ

メニューが使いにくい。あとメモなど最新のものを見たいのに一番最初に拾ったやつが上にあるのでそこから探したりしないといけないのでかなり不便だった。

ただ広いだけのオープンワールド

ストーリーで1人8時間くらいのボリュームがありますが移動で行ったり来たりすることが多くただ広いだけのオープンワールドでした。

ぶっちゃけ15時間くらいで終わってくれたほうがいいゲームだった。となる部分が移動が長いことやクリアした達成感がないサブクエストなど水増し要素が多すぎる。

ボリュームが増えた=クリア時の満足感ではないと思いますし、個人的にはボリュームより密度だと思っているのでかなりのマイナス点です。

引き継がれないスキル

せっかくスキルとったのに主人公変わると一から取り直し。

ローカライズ

日本語にローカライズしてくれるのは嬉しいです。しかしローカライズするならばきちんとしてほしい。

住民の名前が英語のままなのは別に気にならないのですが、エンディングで字幕がつかなかったり、画面でデカデカと字幕が出てゲームに支障が出るのはプレイすれば分かるはず。

なのにそのまま出すのはなぜなのか。 

いきなり入るロード

がいきなりロードが入ります。走ると結構頻繁に入る。

ロード時間が長い。

 

総評

ゲーム発表当初から世界観などが注目されていて製品版でも世界観は素晴らしかった。

しかし、世界観、ストーリー以外はかなりしょぼい出来です。デジタルデラックス版を買いましたが正直失敗したと思ってます。

まぁ買ったのでシーズンパスをプレイしますが

やはり世界観などがガツガツ前に出て注目されるとゲームシステムなどが微妙な時が多い印象です。

国内ではDL版で定価がSteam、XBOX共に8000円近いので今から買う人はセールでいいと思います(笑)正直そんなレベルのゲームです。

MicrosoftがCompulsion Gamesを買収しましたが、世界観、ストーリーは次も期待出来そうですが根本的にゲームを面白くする部分はMicrosoftに入ってもらわないと次回作は厳しいかも。

ここの会社の買収は失敗じゃね?って思ってます。それくらいゲームプレイ部分は微妙です。

 

 

サガスカーレットグレイス 緋色の野望 感想

2018年8月2日に発売されたサガスカーレットグレイス緋色の野望のレビューです。

今回はスイッチ版を購入しました。

元々2016年12月にPSvitaで発売されたサガスカーレットグレイスに追加要素をつけた作品です。

 

評価

8.5/10点

 

良い点

ゲームシステム

元々vita版だったこともありとても簡素な作りになっている。RPGでは鉄板の街、ダンジョンはなし。

だがこの作りが素晴らしかった。ストーリーと戦闘、イベントさえあればRPGは成り立つということを証明したと思う。

バトル

パーティは5人でバトル中行動するにはBPを言うポイントを消費して行動する。必ず誰もが行動出来るわけではない。敵がしてくる攻撃がターンごとに分かるのでどの敵を最初に攻撃するかなどを考えながらプレイする。

味方に挟まれた敵を倒し、画面下のタイムラインで味方同士が並ぶと連撃が発動し、大ダメージを与えることが出来る。

しかし、敵にも連撃がありガンガン連撃を狙ってくるのでどの敵から倒すかがとても重要になってくる。

バトル自体難しく油断しているとすぐ全滅する。しかしリマスター版でテンポがいいためすぐ再戦出来たりと不自由な部分がないのがいい。

バトル開始前に難易度などがわかるため自分の実力にあってる敵を選べるのもいいと思った。

サガシリーズおなじみのひらめきや、レベルが存在しない部分など独特のシステムもあるが理解すればかなりハマるゲームだと思います。

 

ストーリー

4人のキャラそれぞれの物語が素晴らしい。

イベントは立ち絵で進むのだがポンポン進んでいくのでテンポがいい。主要キャラは個性が出ていてガンガン進めたくなる。

 

改善要素

スイッチ版では1080p 60fps(テレビ版)で表示されグラフィックが改善されていたり、vita版で指摘されていたロード時間がかなり短縮されていると感じた。元のチームが開発してくれるのはとてもありがたかった。

 

 

マイナス点

リマスターなのでほぼなし。

 

総評

サガシリーズということもありかなり独特のシステム、そして簡素な作りだが奥が深いゲームシステムでプレイする人を選ぶと思うが難しいバトルをやりたいという人、またストーリーもガツガツ進めたい、自由にストーリーを進めたいという人にオススメの作品です。