dgames’s blog

ゲーム好きな人によるゲームのブログ

NieR:automata Review

NieR:automata (PS4PRO)

ニーアレプリカント/ゲシュタルトの続編。前作からかなり未来の話でありアンドロイドと機械生命体の代理戦争を描く。ヨコオタロウ氏のシナリオとプラチナゲームズのアクションがうまく融合しクオリティの高いゲームになっている。
トゥルーエンドまで約30時間ほど

良い点
・シナリオ
ここはニーアにとって絶対に外せない部分であったと思うがかなりよく出来ていた。1週目、2週目、3週目と毎回違う驚きがあり新鮮な気持ちでプレイ出来た。1週目、2週目はほとんど同じ話だが、2週目ではキャラが変わりゲームスタイルも変化する。また1週目ではわからなかったことか明らかになるので同じことを同じキャラで周回して回す。ということはなかった。
プラチナゲームズのアクション
60fpsでかっこよく素晴らしいアクションだった。モーションもかっこよく動かしていて気持ちいい部分がかなりあった。
・キャラクター
2B、9S、A2などの主要キャラはもちろんサブキャラも個性が出ていた。前作のデボルポポル、エミールもサブクエストで絡みがあってよかった。
・音楽
前作同様素晴らしい。
・世界観
退廃的な世界観がたまらなく綺麗であった。
どのロケーションも素晴らしかったが一部もう少し大きいステージだったらと感じた。
1週目中盤にはファストトラベルが解禁されるので移動が苦にはならなかった。キャラが走っているモーションがかっこよかったのもある。
ロードを挟まずここまで広いマップはプラチナゲームズにとって初めてだと思うがよく出来ていた。
・デザイン
敵デザイン、武器デザイン共によかった。 
・操作性
キーコンフィグでメニュー以外全てのボタン配置をいじれるので好きな操作でプレイすることができる。

マイナス点
・ハッキングを含む一部シューティング要素
個人的にはこのゲームで一番リトライし成長した部分であるがハッキングはテンポが悪くなるのはマイナス。2Dシューティングもよく出来ているが量の多さに驚いた。2週目はハッキングのほうがHPを削れるのでやる回数が増え、テンポが悪くなった印象を受けた。
・武器屋前のギミック
毎回やるのが面倒(笑)。
・ネットワーク接続時の表示
あんなデカデカと表示しなくても感があった。
・サブクエスト
トーリー性があり狂気で素晴らしい反面戦闘でもう少し手応えがあってもよかったと感じた。

総評
ヨコオタロウ+プラチナゲームズのタッグは素晴らしいゲームを作ってくれた。前作から確実に引き継がれている部分があり、よりハイレベルなアクションRPGになっている。ヨコオタロウ氏のシナリオ、世界観がかなり好感触で綺麗に終わりエンディングを迎えて心に穴が空いたような感覚だった。一部シューティングのゴリ押しがあるがそれが気にならないほど素晴らしい作品でした。

9.5/10点