dgames’s blog

ゲーム好きな人によるゲームのブログ

ドラゴンクエスト11 Review

7/29に発売されたDQ11のレビューです。

PS4版のみプレイしました


評価

9.5/10点


良い点

・シナリオ

悪魔の子と言われた勇者の主人公や旅をしていく中で仲間になるメンバー全てに愛着が湧いた。

シナリオもここらへんで終わりだろうなと予想していた所から更に奥深くに続いていきどんどん進めたくなる展開だった。サブタイトルの意味もなるほどと思う形でしっくりきた

シナリオのみで80時間以上のボリュームがありどっしり遊びたい人にはうってつけ。

・キャラクター

仲間と冒険してる感があってよかった。パーティメンバーが増えるごとに面白さがプラスされていった印象。

途中1人になり世界に散り散りになったメンバーを探すがはやく見つけたいという気持ちになった。みんな濃くてこのメンバーいいなと感じた。

・戦闘

古臭いとか言われつつあるコマンドバトル。しかし昨年のペルソナ5や今回のDQ11を見てわかるようにコマンドからアクションに振ったRPGより出来が格段にいいことが分かる。難易度は表エンドまでは苦戦しなかったがクリア後はレベルを上げないと苦戦したところもありバランスがいいと思った。

・グラフィック

思ってたよりよくて驚いた。4Kテレビで見るとかなり綺麗。

その世界に浸っているだけで楽しいと思えるようなグラフィックだった。

・ボイスなし

テンポがよくテこの判断も英断だと思う。

・世界観

よく出来ていたと思う。町も広くはないものの色々なロケーションがあり、次の町に行くのがワクワクした。


マイナス点

・サブクエス

いわゆるおつかいクエストのみ。連携で倒してこいが面倒だった。もう少し趣向を変えたクエストが欲しかったです。

・メニューまわりのUI

エスト一覧くらいすっと出して欲しいしここらへんの気遣いがなくいちいち面倒だった。

・島にワープ出来ない

外海や内海の島に行くには一回船に乗らないといけないのが不便だった。

・ジャンプの意味

意味ない機能過ぎた。少しの段差も上がらない、下がらないならつける意味なし


総評

かなりレベルの高いRPGだったDQ11。昨年のペルソナ5といいDQ11といい今までの形の中にやり易さが追加されてクオリティの高いゲームになったと思う。コマンドバトルもアクションでバカなAIの仲間と戦うより戦略的でよかったと思う。

サブクエストなどの不満もあるがそれ以上に良い部分が圧倒していたので満点をつけさせてもらった。

シナリオは堀井さんのシナリオなので心配はしていなかったが驚きの連続でとてもいい体験が出来た。久々に時間を忘れて遊んだタイトルでした。